ブログ運営

Amazonアソシエイトで追加サイト・SNS登録が簡単になった件

以前まではアマゾンのアソシエイト・プログラムに参加するためには、お問合せからサイト審査を受けて合格すれば利用できました。

中の人
でもその仕様が変更されました

ここでは、具体的にどのように変更されたのか、また、追加したいサイトの登録方法について説明しています。

アソシエイト・プログラムの登録方法

アマゾンのアソシエイト・プログラムの登録方法が変更され、以前に比べて、カンタンな手続きになりました。

アソシエイト追加サイト方法

中の人
以下は公式サイトからの回答です

2020年春よりアソシエイト・プログラムの審査システムは大きく変更されております

出典:アソシエイト・プログラムへのお問合せ(抜粋)

どうやら、2020年春からは、指定ページにサイトのアドレスを入力するだけでOKになったようなんです。

スポンサーリンク

追加サイト登録方法手順

アソシエイト追加サイト方法

追加サイトを登録する場合、審査がなくなったことで、指定フォームに追加サイトを登録すればすぐに利用可能になりました。

中の人
以下詳しい手順になります
ステップ1

指定ページにすすむ

アソシエイト追加サイトフォーム

以下URLをクリックして追加サイト登録ページに行きます。アマゾンにログインしていない場合はログインを求められます。

ステップ2

追加サイトの登録方法

登録ページにすすんだら、追加したいサイトのURLを指定フォームに入力して、追加ボタンを押してください。

追加ボタンを押すと、登録一覧に記入したサイトURLが即反映されます。URLが間違っていないか確認し問題なければ完了です。

また、サイトだけでなく、アプリやツイッターの登録もここからできるようになっているので、必要は人は追加していきます。

SNSの登録方法

ご自身のSNSを登録することで、ツイッターやインスタなどにもアソシエイトリンクを貼ることができます。

中の人
登録方法については追加サイトと同じになります

追加サイトの登録後注意点

追加したサイトは、基本的には運営者がアマゾンのアソシエイト・プログラムに遵守しながら運営していきます。

また、アマゾン側でも定期的にサイトチェックをしているようで、万が一問題のあるサイトが見つかれば解除の対象になります。

アソシエイト追加サイト登録まとめ

追加サイトの申請がカンタンになったことで、これまで登録していなかったサイトを新たに追加してもいいですね。

ただ注意したいのは、申請するサイトはアマゾンの規約に遵守する必要があり、サブで運営しているサイトだと違反する可能性もあります。

たとえば、

規約違反の可能性アリ
  • 記事数が少ない(目安は10記事以上)
  • 半年以上放置している
  • 問合せフォームがない

サブサイトは手を抜きがちなので、アソシエイトリンクを貼ることによるメリットがある場合以外は登録は保留にしてもいいかも。

スポンサーリンク

-ブログ運営