広告 売買・売却術

メルカリ副業!古本せどりをするなら「せど楽チェッカー」が最強!

本業以外に副業を考えている方は、確実に多くなりましたよね。私もその一人で、メルカリ副業に現在チャレンジ中!

中の人
私がしているのは古本・古着せどりになります

家にある売りたい古本と、ブックオフ店舗で仕入れた古本を混ぜながら、メルカリをメインに販売しています。

ブックオフの中古仕入れで使っているは、「せど楽チェッカー」というツールで、コスパがいい上にすごく優秀なんです!

利益検索ツールの落とし穴

中古の販売価格に対して、利益が確保できる「利益本」を探すツールには、せど楽チェッカー以外にいろいろあります。

ただツール選びには落とし穴も!
中の人

それは、アマゾンの大口出品契約しないと使えないツールが多すぎること!大口契約は月額5390円もかかるんですよね。

古本せどりをはじめたての方にとっては大きい出費です。その上ツール代も加算され月額1万円もかかることもあるんです!

利益商品検索ツール比較
ツール名月額
せど楽チェッカー月3,000円+小口出品0円
せどりすと月5,000円+大口出品5,390円
アマコード月5,500円+大口出品5,390円
アマサーチ月2,980円+大口出品5,390円
無料版でもアマゾンデータを参照するため大口出品と連携しないとそもそも使えない!
中の人

せど楽チェッカー以外は、いずれも大口出品との連携が必要で(無料版でも)、こと初心者にとっては利用するには敷居が高いです。

せど楽チェッカーがコスパ最強な理由

せど楽チェッカー

一方、せど楽チェッカーは小口出品(登録無料)での連携で使用可能。追加の課金不要でツール代だけですぐ使えます!

小口出品でも利用できる理由として、アマゾンに出品されている商品情報を自社のデーターベースで管理しているため!

中の人
そのため利用者は小口出品でもOK!商品情報はせど楽チェッカーの自社データーベースを参照するからです

さらに自社でデータ管理していることで、検索スピードの迅速化、直近の販売履歴閲覧と、せど楽チェッカー独自の機能を備えています。

販売履歴が分かる!

せど楽チェッカーの魅力は導入費用の安さだけでなく、直近の新品及び中古品の販売・出品履歴が、即時に確認できるところです。

せど楽チェッカー

販売履歴は新品・中古それぞれ最大10件まで表示可能で、売れた日・販売価格・商品状態が同じ画面で確認できます。

アマゾンの販売データツールに「Keepa」がありますが、連携しなくとも直近の販売履歴が確認できるので、ここを見れるだけで仕入判断ができます。

中の人
このほか出品価格一覧も表示されるので現在の販売価格状況も一目瞭然なすぐれものツール!

キーパとの連携は任意

ちなみに「Keepa」との連携は可能です。せど楽チェッカーは直近の販売状況は確認できますが、年単位の長期販売状況は確認できません。

たとえば、季節要因で売れる書籍(入学シーズンの3月なら辞書や参考書が売れやすい)など年単位の分析が必要かもしれません。

1年あるいは、それ以上の長期間の販売状況を調べるためにキーパを連動したい方は、もちろん連携することは可能です。

中の人
私は直近の販売状況だけで十分+費用節約のためキーパとは連携していません

販売先はメルカリがメイン

せど楽チェッカーはじめ多くのせどりツールは、アマゾンの販売データを参照して探すため、販売先はアマゾンになりがちです。

ですが、私の経験上アマゾンに出品してもなかなか売れないんですよね。売れない理由はいろいろりますが、それはのちほど。

一方、メルカリでも並行して売るようにしたらどんどん売れたんです!ツールにヒットした商品はメルカリでも売れることに気づいたんです!

中の人
この気づきがあってからはメルカリメインで売るようになり軌道にのりだしました!

アマゾン出品で売れない理由

アマゾンで最低価格で出品すると、数分して他出品者も追随して値段を下げてすぐに最安値が更新されてしまうんです。

実はコレ、価格改定ツールと呼ばれる販売価格を自動で改定するツールによるもので、法人・個人問わず利用しています。

しかも小口出品だと、送料を自由に設定できないことから(送料固定)、大口出品者に比べて割高になり、結果売れにくい。

ツールの利用、小口出品のデメリットなどの理由から、初心者がアマゾンに出品してもなかなか売れないんです(実体験)。

一方メルカリはアマゾンほど価格競争が激しくないので売れやすいんですよね
中の人

メルカリ副業の注意点

メルカリをメインに商品を売る場合、アマゾンとの一番の違いは処分目的で出品している方が多いことです。

中の人
相場よりもかなり低い価格帯で設定している商品もあります

そのため相場価格でもメルカリでは売れないなんてこともあるので、私の場合はヤフーフリマでも並行して出品しています。

ヤフーフリマは、メルカリに比べて良くも悪くも出品数が少ないので、比較的相場価格で売り抜くことができます。

せど楽チェッカーレポートまとめ

まずは近所のブックオフに足を運び、実際に使ってみてください。これ一つだけで仕入判断から購入までできるのでラクチンです!

私が狙うのは110円~330円の古本。これまで数百冊と仕入れましたが、在庫の60%ほど売れておりツール代は還元できています。

最初の1ヶ月は無料で使える!

はじめの1ヶ月は無料で利用できます。こうしたツールは実際に使ってみないと分からないもの。無料期間中に継続課金するか判断します!

実際に仕入てメルカリで出品してみてください。月三千円以上の純利益が確保できたら、副業として十分ビジネスになりますよ!

中の人
仕入⇒販売の流れを掴めば、あとはツールを使いいかい多くの利益本を仕入れるかだけですからね

-売買・売却術
-,